艶つや習慣プラス 首イボイボコロリ 首イボ医薬品

首イボ医薬品と艶つや習慣プラスの違い!イボコロリと何が違う?

 

 

首イボや目のまわりにできる
ポツポツに悩まれている方はとても多いです。

 

 

なんとかイボをとりたいと考えたとき、
どのような方法を思い浮かべますか?

 

 

イボの数やできてしまった部位にもよりますが、
イボとりと云えば「イボコロリ」浮かびますよね。

 

 

子供の頃、家にあったような気がしますし
、イボコロリの響きは耳に残っています。

 

 

イボや魚の目には、イボコロリ。
知名度はとても高いハズです。

 

 

イボコロリは、
大正8年から販売されているんですって。

 

 

日本人がもつ、
「イボ、魚の目治療薬といえばイボコロリ」は、
この超ロングセラーによって植えついてるのですね。

 

 

しかし、注意が必要です。

 

イボには種類がありますし、
イボコロリには使用してはいけない部位もあります。

 

 

効果がない上に、
危険を伴う可能性があるんです。

 

 

使用説明書にしっかりと書かれていることです。

 

 

 

表題通り、
「艶つや習慣プラスとの違い」を含め
どんなイボに効果的で、何が危険なのかをご紹介します。

 

 

あなたの気になっている、
首周りのイボや目の周りのイボには、どちらが効果的でしょう。

 

 

 

薬事法という法律がある!

 

 

ご存知の通り、
日本の法律に「薬事法」というものがあります。

 

 

洗剤や歯磨き剤、乳液、シャンプー、
栄養ドリンクなんでもいいです、
手あたり次第、容器をチェックしてみて下さい。

 

 

「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」

 

この表記があるものすべてが、「薬事法」によって定められた商品です。

 

 

薬事法とは、効能・効果が
どのレベルにあるかを判断し基準を定め分類し、
その基準のもとパッケージや広告表現まで規制される、厳しい法律です。

 

 

CMなどでよく聞くフレーズ
「用法・用量を守ってお使いください」

 

実はこれも薬事法で定められた
「医薬品」に対しての規制の一つなんです。

 

 

 

艶つや習慣プラスとイボコロリの違い

 

 

「首イボ」治療、改善といっても商品がさまざまなわけですね。

 

 

「医薬品」は、配合有効成分が厚生労働省が認可し、
病気の治療や予防、怪我などの治療を目的としたものです。

 

使用する場合は、使用方法を守る必要があります。

 

 

「医薬部外品」は、医薬品ではないが、それに準ずるものとされています。

 

治すのではなく、予防に重点を置かれているものです。

 

 

「化粧品」は、各メーカーの責任において自由に作ることが許されているもの。

 

使用成分だけは全表記しなければなりません。

 

もちろん配合可能成分や禁止成分は定められており、
安全性は確保されたものです。

 

 

 

 

「イボコロリ」は「医薬品」です。

 

 

局部への治療効果は高いですが、
用途用量など注意が必要になります。

 

 

顔やデリケートな場所への使用禁止を促していますし、
目に入った場合はとても危険な成分が含有されています。

 

 

また、イボコロリの効果は「ウイルス性イボ」にあるので、
病院に相談してから使用することが、安全面としては確実な方法です。

 

 

 

「艶つや習慣プラス」は「化粧品」です。

 

 

気になされている首イボなどは
「老人性イボ」目の周りのポツポツは「稗粒腫(ひりゅうしゅ)」と呼ばれる
肌代謝機能の低下や紫外線の影響、加齢によるものです。

 

 

その治療、改善に必要なのは、
ご自身の再生能力の促進や維持能力の活性です。

 

 

そのために「艶つや習慣プラス」は、
イボとり効果成分と豊富な栄養素、
多種美容成分を配合して治癒能力のサポートをする商品です。

 

 

 

首イボ医薬品の選び方

 

 

治療法の選択は、
首イボの状態とご自身の状態にあったものを選ぶのが望ましいですね。

 

 

イボコロリなど「首イボ医薬品」を
首などの柔らかい部分に使用して、
イボは取れたけど跡やシミが残るケースがあります。

 

 

ゆっくり時間をかけて、
スキンケアを含めたイボ改善も選択の一つだと思います。

 

 

ある女優さんが言っていました。

 

「首は顔の一部です」 

 

あなたに合った、安全で効果的な方法の参考になれば幸いです。

 

     

 

艶つや習慣プラス公式サイト!